ヒッチハイクせずにはいられない!

オトコ46才、ドロ沼の日常を捨てて、旅へ。ヒッチハイクの旅へ!!

宮崎ハイク☆6日目[中編]

 

 



f:id:riry1111:20180621222700j:image

 

さあ、叔父さんが住んでただろう団地まで

向かいますヒッチハイク!!

 

シャキーン

 

買いたてのイヤホン装着。

ミュージックはきのうダウンロードしといた

流行りのミュージック。

 

 

2.2キロ。歩ける距離。おまえ甘えてんじゃないよとドライバーさん達から思われそうな距離。だけどミュージックでキラキラ✨

 

 

15分くらいで白い軽トラが止まる。

 

おっしゃ。

 

 お願いしますっ。

 

   田植え帰りで汚いけど。

 

何をおっしゃいますか~。いま田植えなんですね~。

 

やさしそうなおじちゃん。

 

 

埼玉から来たんです。父の実家が延岡で。

父はだいぶ前に他界したんですけど。

叔父さんが住んでた団地を探してるんです。

 

   

 
f:id:riry1111:20180621235736j:image

 

 

あっという間に団地に到着。

 

  

 

 


f:id:riry1111:20180622000301j:image

 

 

ありがとうございました!!

 

 

ここなのかな~

 

集会所に誰かいるね。

 

すいません。○○っていう人がこの団地にいたかもしれないんですが、あ、私の叔父なんですが。

 

  あまり詳しくないんだけど

     隣の建物の1階にいた方じゃないかな。

        いまTという方が住んでるところ。

 

わーーーっ

行って聞いてみますっ。ありがとうございます!!

 

 

うわーーー、キテるっ、最初に聞いた人でいきなりっ

 

 

 

ピンポーン

 

おばさま出てきてくれて

 

   私、○○と申します。

   以前ここに私の叔父が、、、

 

うん、ここよ、ここにいましたよ。

 

   そうですか~

   あの、その後どこへとか、

   聞いてないですか?

 

お隣さんがお付き合いしてたみたいだから。聞いてみたらどうかな。

 

   そうですかっ。聞いてみます。

   突然すいませんでしたっ。

 

 

ピンポーン

 

   あ、音がする。居るな。やった。

 

高齢のオバサマ。

 

あの、あの、わたくし、、あの、お隣で聞いて、あの、○○がとなりに居たと、家族の人がどこに引っ越したか、あ、わたしは甥になるんですけど、ど、興奮しちゃって、なにが言いたいか伝わりましたか?

 

    はい、ちゃんとわかりましたよ。

 

    でもどこに行かれたかは、

    わかりませんねえ。

 

そうですか。

あっ、お墓が近くにあったらしいんですが、

そんなこと、聞いてないですか?

 

                近くにここを管理している会社が

    あるから、そこで聞いてみたら

    何か、、

 

あっ、行ってみますっ行ってみますっ。

 

行き方を教えてもらい。

 

ありがとうございました!!

 

 

きれいな団地だったんだな~。ここに居たんだ。叔父さん。

 

テクテク向かう。

でもなあ。不動産屋さんかあ、わかるかなあ。ん~、どうかなあ。まあダメなら近くのお墓を探せば、見つかるかもな。うん、うん。

 

 

あ、ここだここだ。

 

失礼しまーす。

 

あの、そこの団地にですね、わたしの叔父が住んでたんですけど、叔父は2年くらい前に亡くなって、その後、家族がどこに引っ越したか、こちらでわからないかな、と。墓参りだけでもしたくて、埼玉から。

 

    お名前は?

 

○○といいます。

 

何かを考えてる様子。店主さんだろな。

 

    ○○さん、わかりますよ。

    覚えてます。

 

わっ

 

店主さん、帳面を開き

 

頼む頼むっ

 

    ○○さんの次男の方の連絡先が

    ここにあります。

 

わっ、やった、いとこ、だよな、

 

    今からこちらに電話して

    みましょうか。

 

はい!!お願いしますっ。

 

    あなたのお名前を伝えても

    よろしいんですか?

 

 

はいっ、伝えてくださいっ。

 

    電話してみますね。

 

 

頼む頼むっ

   

   もしもし、△△です。 

   あのですね、今、こちらに埼玉の

   □□という方がいらしてるんですが、

 

やった、繋がったっ  

どんな反応かな、、       

 

   電話、代わりますね  

 

わっ、

ドキドキ

いろんな

ドキドキ

 

  

もしもし、ショウイチの息子です。ご無沙汰してます。わかりますか?

 

   サトシです。こちらこそ。

   もちろんわかりますよ。

 

あ~、サトシ君かあ、名前も忘れてたよ、、

 

 

すっかり疎遠にしてしまって。お墓参りだけでもしたくて、、

 

   今日は、予定は何かありますか?

 

いえいえ、わたしは特に、今日も明日も何も予定はありません。

 

   よろしければ今からそちらに

   行きますがどうですか?

 

ほんとですかっ。はいっ。宜しくお願いしますっ

 

店主さんに電話を返し、ここで待ってもらいますねと店主さん言っている。電話を切るのを待って。

 

 

やったーーーーーーーーーー!!

ガッツポーズっ

 

ありがとうございます。ありがとうございます。やったー、ほんとありがとうございますっ。

 

お店の外で一服。

 

あれよあれよと、

思ってもみない展開、

転がるように、

大車輪、

 

 

お母さまー、先にアガっちゃうよー

 

✨✨✨

 


f:id:riry1111:20180623015314j:image

 

 

ワクワク、ドキドキ

 

 

 

お店で待たせてもらい店主さんの奥様とおしゃべり。

 

  今は個人情報が厳しくてねえ、、、

     親戚のことでもなかなかねえ、、

 

ヒッチハイクの旅の話をして、宮崎の食べ物の話を聞いて、観光地を教えてもらい、

 

 

あっ、クルマだっ、、、

あの人かなあ、

あの方だと思います、と奥様。

ドキドキ。

わっ、アウディ、しかもかなり高そうな、、

 

どんな人だろ、、

 

わあ、

 

すんごい、ちゃんとした人。

あー

 

 

ご無沙汰して、すいません。

 

しゃべりたいことが溢れてる。

 

不動産屋さんの奥様にお礼を言い、

クルマでどこかへ、ということで助手席に。

 

お墓に連れて行ってもらうことになり、

 

   

サトシ君に会うの、いつぶりですかね。

 

   40年ぶりくらいですね。

 

写真を見たような気がするんですけど、記憶は、、

 

   ショウイチ叔父さんが入院してる時、

   埼玉の病院に行きました。

 

あー、そうだったんですかっ。その時は会えなかったですね。

 

   叔父さん、その時はもうあまり

   しゃべれなくて、、、

 

そっか、そんな時かあ。

 

 

   お墓には父とじいさんとばあさんと

   コウイチ叔父さんと、、、

   リョウコおばさんが、、、

 

 

コウイチ叔父さん、、、

そっかあ。父が病気になってから何度も来てくれてた。東京に居たから。オヤジに顔が似てて、明るい人だったんだ。東京に一人で暮らしてて、、オヤジが死んで何年かして、、

アパートで孤独死したと遅れて知らせがあった、、遊びに行こう行こうと思ってる最中だった、、、

 

リョウコおばさんも続けて孤独死

 

 

そっかあ、

今から向かいます。おじさん、おばさん、おじいちゃん、おばあちゃん、

 

 

 

 

 

お墓に水を掛けて

 

手を合わす。

 

ようやく、挨拶に、来れました、

遅く、なりました、

 

 

 

どこかでもう少し、とサトシ君が言ってくれて、近くのファミレスへ。 

 

 

サトシ君の家族のこと、仕事のこと、親戚の近況を聞き、

 

沖縄で会えなかった叔母さんに電話してくれて、たっぷり話せて、大阪の叔母さんとも。

あー、久しぶりの声だ。

 

サトシ君にヒッチハイクで旅してることを白状して、、

すごく応援してくれて

 

ボクもサトシ君みたいなクルマ、買いますからねっ。

 

 


f:id:riry1111:20180623023030j:image

 

 

仕事中だったサトシ君。最後におじいちゃんの家、オヤジの実家に連れて行ってくれることになり。

 

やったー、行きたかったんですよっ。

 

 


f:id:riry1111:20180623023126j:image

 

 

 

 


f:id:riry1111:20180623023305j:image


 

  たぶん、このあたりかなあ。今はもう

  ありませんが。

 

 

そっかあ、

ここらへんで、

みんな遊んで、

 

 

サトシ君、ボクはここでぶらぶらゆっくりしていきますね。

 

 

連絡先を聞いて、

長い握手をして、

 

ほんとにほんとに、良い日になりました。

ありがとうございました。

 

   こちらこそ、とても良い日に。

 

 

クルマを見送り。

 

 

さっきの場所に戻ると、おばちゃんが二人。おしゃべりしてる。

 

こんにちは~

 

ぼく○○っていいます。父の実家がこのあたりだったらしくて、いとこに連れてきてもらったんです。

 

   

   それならこっちじゃないかな。

   子供、多かったんじゃないの。

 

はい、7人兄弟です。

 

   じゃ、きっとこっちだ。

   私がここに来る前だけど、話には

   聞いたよ。いつもここを走り回って

   たって。

 

 

えっ、ここっ!!

建物もそのまんまっ? 

 

 


f:id:riry1111:20180623025746j:image

 

 

わーーー

 

オヤジの実家、、、

 

ここで9人。ワイワイやってたのかあ。

 

 

 

 

おばちゃんに挨拶して、

 

裏の堤防を上ってみよう、

  

と思ったらさっきのおばちゃんの声。

 

   

 

   ちょっと、おいでおいでっ。

 

 

 

 

 

* * * * * * * * * * * *

 

後編へ。